中古のトラクターをお得に手放す|買取で一石二鳥

不要な農機具の売り方

トラクター

業者へ買取依頼する方法

使い道がなくなった中古のトラクターは、保管するよりも手放してしまいましょう。その方が場所も取りませんし、状況によってはお金になる可能性もあります。中古トラクターを売り方ですが、まずはいろんな業者に見積もりをとるのが最優先です。ネットや店舗などいろんな方法を使って、できるだけ多くの業者の見積もりをとりましょう。こうしておけば業者の買値の相場もだいたいわかるので、個別交渉する時に便利です。また不明な点があったら、この時に問い合わせて解決してお供養にするとスムーズに話が進みます。それで査定額に納得のいく業者をみつけたら、本格的な出張査定を依頼しましょう。ここで本格的な査定額が算出されますので、値段に納得いかなければ交渉しておきます。もちろん、金額に納得いかなければここで断ることも可能です。契約前であればキャンセル料もかかりませんので、ここでじっくり考えて決定してかまいません。こうして無事買取額の折り合いが付いたら、正式に売買契約書を交わします。あとは業者が中古トラクターを引き取りに来るので、その時に引き渡せば買取完了です。ちなみに、車の買取と違い農機具では書類の手続きは必要ありません。ただし一部のナンバープレート付きの農機具については、別途手続きが必要になるので気を付けましょう。もし買取に出す中古トラクターにナンバープレートが付いていたら、自分ではずして最寄りの役場で手続きします。また業者がこの一連の手続きを肩代わりしてくれる時もあるので、必要なら買取業者に問い合わせてみましょう。

トラクター

せっかくなら高く売りたい

農村では眠っている農機具も少なくありません。トラクターはどんな型式であっても買取してもらえます。故障や傷があっても買取対象になることもあります。ネットや電話などで簡単査定してもらえますし、引取などの費用も無料のところがほとんどです。